HOME >> 省エネルギー措置届出書の作成支援

省エネルギー措置届出書の作成支援

省エネルギー措置届出書の作成支援

建築物省エネルギー法の施行による省エネ基準適合義務と省エネ措置の届出義務

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)の施行に伴い、平成29年4月1日から、非住宅部分の延床面積が2,000㎡以上※1の建築物(以下特定建築物という。)については、省エネルギー基準への適合が義務化されました。
特定建築物の省エネルギー基準適合義務は建築基準関係規定とみなすため、基準に適合しなければ建築物の工事着工や使用開始ができないことになっています。
また、特定建築物以外の延床面積300㎡以上の建築物については、今まで同様に省エネルギー措置の届出が義務付けされており、着手予定日の21日前までに所管行政庁へ届け出る必要があります。

※1 高い開放性を有する建物等除外対象の建築物があります

支援業務内容

当協会では、特定建築物については「建築物エネルギー消費性能確保計画書」を、特定建築物以外の延床面積300㎡以上の建築物については「省エネルギー措置届出書」を、ご依頼から概ね2週間で作成いたします。
なお、物件によりお引受けできない場合がありますのでご了承ください。

業務フロー

業務フロー図

BELS認定申請書の作成支援(準備中のため、詳細はお問い合わせください)

BELS認証制度は省エネ性能の優れた建築物が適切に評価され選ばれるよう、エネルギー消費性能を見える化するための制度です。
当協会では認証マーク取得のため、第三者機関へ提出する認定申請書作成の支援を行っています。(業務フローは省エネ支援業務と同様となります。)
なお、BELSに関する詳細は一般財団法人 住宅性能評価・表示協会のホームページをご覧ください。

各種様式・料金表

各種様式(見積依頼書・作成依頼書及び作成料金等)については、下記部分をクリックください。



ピックアップ 建物所有者様定期検査・定期報告の実施 公的団体への設計・施工の技術支援 建築物省エネルギー法関連事業

長期優良住宅技術的申請支援

ライトボックスライン 一般財団法人静岡県建築住宅まちづくりセンター あんしん建物相談室“ミーナ葵”住まいにづくりに関する情報と、静岡県内のパートナーをご紹介します。 ライトボックスライン

特定非営利活動法人静岡県建築物安全確保支援協会は実在性の証明とプライバシー保護の為、SSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

このページのトップへ
Copyright(C)2010 NPO shizuokaken kenchikubutsu anzenkakuho shienkyoukai All rights reserved.